Titanium MobileのTitaniumStudio.iniを修正して文字化けを直す。


Titanium Mobileをインストールした直後だと Ti.API.debug(val); のようにした時に、
valが日本語だと文字化をしています。

これはTitaniumが起動した際に読み込んでいる TitaniumStudio.ini にエンコードを指定してあげれば直るようです。
TitaniumStudio.ini をFinderから修正します。

 

まず↓のように進みます。

アプリケーション/Titanium Studio/TitaniumStudio

 
ここで右クリックで「パッケージの内容を表示」を選択すると更にFinderで進むことができます。

 
 

Contents/MacOS/TitaniumStudio.ini

 

このファイルに「-Dfile.encoding=utf-8」を追加します。

-startup
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.2.0.v20110502.jar
--launcher.library
../../../plugins/org.eclipse.equinox.launcher.cocoa.macosx_1.1.101.v20120109-1504
--launcher.XXMaxPermSize
256m
--launcher.defaultAction
openFile
-vmargs
-Xms40m
-Xmx1024m
-Declipse.p2.unsignedPolicy=allow
-Declipse.log.size.max=10000
-Declipse.log.backup.max=5
-Xdock:icon=../Resources/titanium.icns
-XstartOnFirstThread
-Dorg.eclipse.swt.internal.carbon.smallFonts
-Dfile.encoding=utf-8 ←←←追加!!

 

あとは保存して再起動すればOKです。

この記事を書いた人:

ナカシマ

北区赤羽在住のWEBデザイナー兼エンジニア。インターネット、WordPress、本・漫画、音楽が大好き。妻と猫と暮らすアップル信者。

BLOG: 着ぐるみ追い剥ぎペンギン